4コマ漫画 統合失調症との付き合い方 当事者100人の経験

岡本クリニック・メンタルケア室のグループ療法で出し合ったみんなの知恵が4コマ漫画になりました。 自分でできる対処の工夫やいろいろな思い。同じ病気をもつ仲間に届くといいなと皆で願っています。 ~「カテゴリー」を一つずつクリックして読むと分かりやすいです~

解説

解説「人になすりつける2」(私のことじゃない)

2014年11月29日に公開した「人になすりつける 2」への解説です。
スライド31

前の記事「ひとになすりつける1」で自分の対処方法を教えてくださったA子さんと同じグループにいた彼は

道ですれちがう人々からの悪口にいつも苦しんでいました。

 

そこでA子さんの方法をまねしてみたそうです。

「ぼくのことじゃない」とすぐに切り替えると大分楽ですね。と話してくださいました。

 

みんなで症状や困りごとを話し合うと

こんなことで悩んでいるのは自分だけではない。と気づきます。

自分だけに起こる恐ろしい出来事だとうちひしがれていた人が

「他の人が頑張って対処しているなら、自分もやってみようか」と思いはじめる。

それが仲間の力だと、いつも感じます。

 

繰り返しお伝えしてきたことですが

専門家が変えるのではありません。仲間が変えるのです。


カテゴリー「
自分に原因がある。自分に関係がある」もご覧ください。

 

このサイトはカテゴリーごとに見ていただくと分かりやすいです。もしよかったらほかのカテゴリーものぞいてみてくださいね。

統合失調症をもつ当事者50人の知恵を4コマ漫画にしています。自分でできる対処を知ろう。

    ↓          ↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村

統合失調症 ブログランキングへ

解説「人になすりつける1」(私のことじゃない。)

2014年11月29日に公開した「人になすりつける 1」への解説です。

スライド30

若い人の集団がこわい。
笑ってしゃべっている生徒・学生グループに恐怖感をもつ人はとても多いです。

「笑われた・・・!」
いつものとらえかたのクセだと頭では分かっていても、こわいものはこわい。

そんなときはサッと他人になすりつけて安心を保つ。
そうやって切り抜けてきたA子さんが教えてくださったワザです。 

私のことじゃない。ほかのことだ。
瞬時にそう切り替えるA子さんをまねてみた他メンバーのエピソードが次回につづきます。
 


カテゴリー「自分に原因がある。自分に関係がある」もご覧ください。


このサイトはカテゴリーごとに見ていただくと分かりやすいです。もしよかったらほかのカテゴリーものぞいてみてくださいね。

統合失調症をもつ当事者50人の知恵を4コマ漫画にしています。自分でできる対処を知ろう。

    ↓          ↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村

統合失調症 ブログランキングへ
記事検索
アクセスカウンター(UU)
  • 累計: